バイト初出勤日の心得

今度、新しくバイトを始めることになったんだけど。

でも、採用連絡が来て、初出勤の日を決めて。
いざアルバイト初日が来ると、緊張するものです。

  • 仕事を早く覚えられるか?
  • 上司や先輩とはうまくやっていけるか?
  • ちゃんと続けられるのか?

色々と不安が湧いてきますよね。

 

僕も新しいバイトを始める前は、ずっと怖くて、不安で頭をいっぱいにさせていました。

なので、こちらの記事では、アルバイト初日に心がけておくべきことや1日の流れの詳細をまとめました。

 

仕事をスタートする前に知っておくと、アルバイト初日をうまく乗り切ることが出来ます。

僕自身が、当時知りたかったことをまとめたものなので、きっと役立ちますよ。

ぜひ参考にしてください。

アルバイト初出勤日の心構え

アルバイト初出勤日の心構え

アルバイトを始める日は、右も左も分からない状態ですよね。
当然、どう動けばいいのかもわからない。

しかも緊張しているから、つい固まってしまって失敗してしまうなんて事態になることも考えられます。

第一印象は大事なので、そんなふうにはしたくないですよね。

 

だから手始めに、こちらの記事で事前準備や心構えをしっかり学んでおいてください。
この準備が、心強い味方になります。

バイト当日、

あんなに準備したんだから大丈夫

と思えるようになるので。

 

仕事スタート前の心構えとして、重要なポイントは3点です。

  • 基本的なマナーにだけ気を付ける
  • ミスを怖がらないでやってみる
  • わからない点はどんどん質問する

では、それぞれ詳しく解説していきますね。

基本的なマナーにだけ気を付ける

どんな仕事をすることになるのか?

事前に説明はされていたとしても、具体的なことはまだよくはわからないし、知らないこともたくさんある。

だから、あれこれ心配しても仕方がないんですよね。

 

最初に気を付ける点は、

  • 挨拶をしっかりすること
  • 返事はハッキリすること
  • 言葉遣いは敬語で

になります。

要は、基本的なビジネスマナーを守ることと。
初めが肝心なので、第一印象を明るく元気なものにするってこと。

ミスを怖がらないでやってみる

アルバイト初日は何をするのか?

研修のみの場合が多めですね。
それに加えて、教わりながら仕事することになるかもしれません。

必ずやることは、仕事のやり方を教わること。
ただ、どれだけ丁寧に教えてもらえるかは仕事先によります。

 

なので、ただ話を聞いているだけではなく、「積極的に動くこと」も心がけてください。

研修担当者の話をしっかり聞いて。
仕事をするときは「とりあえずやってみる」くらいの気持ちで手を動かすことが重要です。

実際にやりながらの方が、早く仕事を覚えることができますからね。

 

そのとき、ミスはして当たり前と考えてください。
失敗して覚えるという考えで、どんどん新しいことをやって仕事を覚えていくことです。

仕事を教えてくれる研修担当者も「新人は失敗するのが当たり前」くらいに考えているものです。

 

何せ、仕事初体験ですからね。

だからこそ、失敗してもフォローできるように、初日は付きっきりの状態で教えてくれたり、丁寧に仕事のやり方を教えてくれるわけです。

わからない点はどんどん質問する

ここはどうするんだろう?

と思ったら、すぐに上司や先輩に尋ねること。

疑問点は初日ですべて潰す、くらいの勢いで聞きまくってください。

 

なお、メモできる環境なら、どんどんメモしていくこと。
特に最初は、覚えることが多くて覚えきれないものなので。

あとで見返すためにも、しっかりメモしておいた方が良いです。

アルバイト初日の流れ 1日の中で気を付けることは?

アルバイト初日の流れ

では、アルバイト初日の流れはどうなっているのか?

出勤前の準備、職場についてからの流れ、そして不安への対処法まで。
具体的な方策をお伝えしていきます。

 

■事前準備

まずは準備から。
忘れ物をすると焦るし、相手側からも良く思われません。

前日には持ち物をまとめておいて、チェックまで終わらておきたいところです。

持ち物と服装

基本的な持ち物は、筆記用具とメモ帳。
シャーペンではなくボールペンを持っていってください。

色々と書類を書くことになるかもしれませんから。

あわせて、教わったことを書き留めておくためのメモ帳も用意しておくこと。

 

それから、携帯電話ですね。
何かあったときに、バイト先にすぐに連絡できるように。

スマホに地図アプリを入れておけば職場まで迷うこともなくなります。

プラスして、腕時計。
でもスマホを腕時計代わりにしてもOKです。

 

ただし、職場によっては携帯電話や私物の持ち込みが禁止されているところもあるので注意してください。

それと飲み物ですね。水かお茶のペットボトルまたは水筒。

 

勤務時間が長い場合、お昼をどうするかも考えておいてください。

近くのコンビニを利用するか、外食するか。

あとは、勤務先から指示があったら身分証明書や印鑑も必要になります。
特に指示がなくても、必要になったときに出せるように持っていくと良いでしょう。

 

それから、服装について。
どんな服装がいいのかわからなければ、事前にスーツか私服かくらいは聞いておいてください。

職場によって変わりますが…
特に指示がなければ、面接時に着ていった服装にするのが良いですね。

 

他の人が私服で来たとき、僕だけスーツで行ったときもありましたが――
バイト先の人からは、特に何も言われませんでした。

スーツ着用義務がある場合、私服だったらマズいでしょうけど。

私服でいいのにスーツだった場合は、特に悪いわけではないんですね。

 

だから、

迷ったらスーツで!

という考えでもOK。

ただ、清潔感のある服装にすることだけは気を付けてください。

 

服がよれよれだったりシワだらけだったり。
あるいは靴がボロボロだったりすると、非常に印象が悪いので。

できれば、当日着る服にはアイロンをかけて、靴は磨いておいてくださいね。

出勤時間

職場に到着するべき時間から逆算して、家を出る時間を決めます。

交通機関を利用する場合、遅延があってもいいように早めに出てくださいね。

特に、アルバイト初日は遅刻するわけには行かないので、この日だけはいつも以上に余裕を持って家を出ることをおすすめします。

 

ベストな出勤時間は何分前か?

指定された時間の30分前です。
この時間に職場に到着するように考えておけばほぼ大丈夫。

 

早朝の時間帯になる場合、寝坊しないように前日は早めに寝て、さらに目覚ましはしっかりかけておいてください。

で、実際には10分前に到着するのが良さそう。

 

早くても15分前。
それ以上早いと、むしろ先方には迷惑になるので、注意してください。

まだ迎える準備ができていなかったり、担当者に気を遣わせてしまったりすることになります。

ただ、慎重になりすぎて30分以上前に着いたら、そのまま周辺で時間を潰すというのはあり。
実際、早すぎたら待てばいいだけの話で、遅刻するよりは100倍ましです。

職場に着いてからの流れ

初日の印象が良いと、職場で良い人間関係を築きやすくなります。

逆に、マナーが守れていないとか、挨拶をおろそかにしてしまうと――
職場の人たちから嫌われやすくなります。

悪印象を持たれると、嫌がらせを受けたりするかもしれません。

 

だからこそ、初日の立ち居振る舞いは重要なポイントになります。

  • 最初はどこに行けば良い?
  • 職場に着いたら、まずどうすればいいの?

答えとしては、まず従業員用の入り口をチェックしてください。
なければ、どこから入っても大丈夫。

それから、案内する人に会いに行きます。
職場によって変わりますが、事務所があるので、そこに行って声を掛けるのが一般的な方法と言えます。

 

内線電話で呼び出す場合もありますし、直接行ってノックして呼び出す場合も。

まぁ、わかりやすい場所にあるでしょうから、心配する必要はありません。
声を掛けたら、すぐに担当者に案内してもらえますよ。

研修と説明

職場に着いたら、後は自動で進んでいきます。

今回がアルバイトデビューではなく、実際に働いたことがある方にはわかってもらえると思うんですが。

朝起きて、職場に着くまでが大変なんですよね。

 

心配になるし、怖いし不安を感じるし。

でも、実際に仕事を始めてしまえば、集中できるので。

時間が早く過ぎて、気づいたら終業時間になっている、なんてことが起きます。

 

アルバイト初日も、これと同じ。

担当者から説明を受けて、研修を受けて。
それが終わったら、教わりながら仕事を開始する。

ここまでが1日の流れになります。

 

なお、説明のときに色々と契約書を書くことになることも。
むしろ、その場合のほうが多いですね。

事前に説明がある場合がほとんどですが。
特に何も言われなかったけど、印鑑が必要だったってこともあります。

万が一持っていかなかったとしても、翌日持っていけば何の問題もありませんが。
でもわざわざ翌日にする意味もないので、初日に全部済ませてしまうのが一番いいですね。

退社

説明と研修、そして初仕事が終わったら。
ほとんどの場合、担当者が声を掛けてくれます。

今日はこれで終わりだから、また明日からよろしくね

って感じで。

そうしたら、最後に挨拶してから、帰って大丈夫です。

 

ただし、不安な点があれば、最後に質問することを忘れずに。

次のアルバイトの日時や、服装に持ち物、そのほか今のうちに聞いておきたいことがあれば。

なお、他に仕事中のスタッフにも、一声かけておくとなお良いですね。

 

「お先に失礼します」
がテンプレートなセリフになります。

もし、周りで「お先に失礼します」と言う人がいたら
「お疲れさまでした」と言えばOK。

台詞のバリエーションは多くないので、これを反射的に言うだけでいいです。

アルバイト初日の挨拶ポイント

挨拶ポイント

挨拶は大事だ、とよく言われるけれど。
じゃあ、職場での挨拶って、いつどんなふうにすればいいのか?

ある程度慣れてないとよくわからないものなので、ここで具体的に解説していきます。

意外と触れられることのない部分なので、ぜひこの章で学んでいってください。

あいさつ例文とタイミング

挨拶するべきシーンは3つあります。

  • 担当者に会ったとき
  • 一緒に研修を受ける同僚
  • 一緒に仕事をする先輩

一番大事なのは、担当者への挨拶。

極論、これだけしっかりやっておけばOKです。

 

■担当者に会ったとき

最初に顔を合わせたとき、真っ先に挨拶してください。

はじめまして。今日からアルバイトとしてお世話になります○○(名前)です。よろしくお願いいたします。

がテンプレートになります。

 

■一緒に研修を受ける同僚

同僚がいれば、こちらから挨拶したほうが良いですね。

おはようございます。今日からよろしくお願いします。

ここから会話を発展させてもいいし、一言で終わっても問題ありません。

とにかく挨拶すること、話し掛けることが重要です。

 

これだけやっておけば、あっという間に仲良くなれることもあります。

僕も勇気を出して話し掛けたら、それ以降ずっと一緒の仕事をして。
休憩中はずっと話している、みたいな間柄になった人もいます。

あなたも、顔合わせの時一言挨拶をしただけで、そういうことが起こるかもしれません。

 

■一緒に仕事をする先輩

研修が終わって、それから先輩方と一緒に仕事をすることになったら――

そのときは、自分から挨拶することを心がけることをお勧めします。

こんにちは、今日から働くことになりました○○(名前)です。
最初のうちは迷惑をかけることになるかもしれませんが、早く仕事を覚えられるよう頑張ります。よろしくお願いいたします。

背筋を伸ばした姿勢で、ニコっと笑って、大きな声で挨拶しましょう。

 

…と、これが理想のやり方になります。

しかし、実際のところは。
最低限、担当者にしっかり挨拶さえしておけば何とかなります。

僕も人見知りがひどかったときは、一緒に研修を受ける人にも、同じ職場で働く人にも、挨拶なんてしてませんでした。

でも、それでもどうにかなったので。

 

慣れるまでは、できそうなところだけやっておけばいいです。

緊張して、挨拶がぎこちなくなっても。
うっかり挨拶を忘れても。

次の機会があれば、ちゃんとやればいいや、と割り切って大丈夫です。

 

もし失敗したら、それを次の機会に活かせばいいだけの話。

あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。
絶対に失敗できないぞ、と気負いすぎると、失敗する確率が飛躍的に高まります。

いつもガチガチに緊張してしまうなら、もっと気楽に考えてみましょう。

仕事の研修では何をする?気を付けるべきことは?

バイト研修の内容

では、実際の研修では何をするのか?

最初は、仕事の具体的な内容を説明されます。
何から始めて、どんな手順で仕事をこなしていくか?

 

難しい仕事でなければ、研修は1日のみのことが多いですね。
だから、今日明日から仕事に入れるように、詳しく説明してくれます。

そこで真っ先に覚えるべきことは、仕事の流れです。

 

何から始めて、どういうことをしていくのか?
大まかな仕事の流れを掴むことを最優先にしてください。。

細かいことは後からでも大丈夫です。
実際に仕事をやってみないとわからないコツというものもあるので。

100%完璧に覚えるというより、

大体こういうことをするんだな

と仕事の流れを掴んだ方が、効率的に仕事を覚えていけます。

休憩時間の過ごし方 お昼休みの食事はどうする?

仕事に慣れたら、休憩時間もうまく使うことができますが。

バイト初日は、

これからどうなるんだろう……

と不安や心配でドキドキしてしまって、うまく休めないんじゃないかと思います。

僕も、休み時間は落ち着かなかったし、昼休みは緊張しっぱなしで、昼食を食べる気にもなりませんでした。

 

とは言っても、1日中研修で頭を使っていると、だんだん頭が混乱してきたりするので、ちゃんと休むことは重要です。

だから、僕の場合はずっと歩いてました。

 

外に出れるなら、職場の周りを。
出れないなら、階段を上り下りしてましたね。

身体を動かすと頭を休ませられますし、精神的にも落ち着くので。

 

昼休みには、エネルギー補給のためにちゃんと昼ごはんは食べたほうが良いですが。

不安や緊張が続いて食欲がないなら――
一食抜いて、その時間を使って散歩・ウォーキングなどで身体を動かしてみるのもあり。

落ち着きますよ。

 

でももし、あなたが初日からでも昼休みは人の輪に入りたいと思うなら、こちらの記事をどうぞ。

同期と昼休みを一緒に過ごせて、仲良くなれます。

バイト初出勤が不安で行きたくない時の原因と対策

バイト初出勤日の不安

意外と多いのが、バイト初出勤前に不安が大きくなりすぎて「辞めたい」と思うこと。

  • 採用通知をもらったときは嬉しかったけど、どんなことをするのか?
  • 自分にも出来るのかな?

と考えすぎて、嫌になって辞めたくなったとか。

 

あるいは、バイト初日の研修は受けたけど、思った内容と違ったら辞めたいとか。

そんな考えが頭をよぎるようになったらどうすればいいのか?

 

バイト初日だけしか出勤していないとしても。
仕事があまりにも自分に合わなくて、絶対に行きたくないと思ったり。

職場の雰囲気とか上司が最悪で、本気で辞めたいと思っているなら――
モラルとかマナーは全無視して、辞めるのもありです。

こちらにバイトを辞める手順をまとめました。
やり方さえ知っておけば簡単に辞められるので、一度ご覧になってみてください。

 

けれどその前に、一度冷静になって考えてみてくださいね。

今は一時的に不安が大きくなっているだけで、よく考えたらもう少し頑張ってみるのもありかな、くらいに思えるのなら。

もう少し頑張ってみることをお勧めします。
実際、勢いだけで辞職すると、後悔することもあります(経験談)

 

その際に、不安を小さくするためにやるべきことは――

バイトが辛いと感じた時のストレス解消法を試してみてください。

不安になるのは、悪い可能性を考えすぎるからです。
だから、不安の代わりに楽しいことを考えたり、実践してください。

 

好きなことや趣味に没頭したり、運動で身体を動かしたり。

そうすればネガティブな考えも消えて、また頑張る気になれます。

基本的に、この方法だけでも不安は解消できますが。

バイトに行くのが嫌だな

と感じたときに効果的な、他のやり方もご紹介しておきます。

期限を設ける

「ずっと頑張らないといけない」と思うと気が滅入るものです。

でも、この日まで頑張ろうとだけ決めていれば。

そしてそれが、短期間であれば――
意外と、努力できるものです。

 

そこで、まずは1ヵ月間バイトを頑張ってみると決めてみてはいかがでしょうか?

1つの仕事に慣れるためには、だいたい2週間~1ヵ月は必要です。
なので、この期間だけ頑張ってみて。

もし、まだダメなら……
そのとき退職しよう、くらいに考えてみては。

 

仕事ができるようになってくると、ただ嫌だなと思うことがなくなってきます。

仕事がちょっと面白くなってきたり。
この業務だけは嫌いだけど、大部分は平気だし、もう少し続けてみてもいいかもと思えたりする。

 

なので、1日や2日でその仕事が自分には合わないと決めてしまうのはもったいないですよ。
すぐに辞めようと考えると損してしまうことも多いです。

なので、一旦判断を保留してください。
期限を決めた上で仕事を続ける、というのはネガティブな気持ちを抑える有効な方法です。

 

高い効果を望める方法をご紹介しましたが、もっと細かい方法も色々とあるので。

もし自分にあった方法を探したいのであれば、こちらの記事を参考にしてください。

バイト初出勤日の心得まとめ

バイト初出勤日の心得

バイトに慣れるまで。
特にバイト初出勤日は。

時間に余裕を持って行動することをオススメします。

 

なぜなら、時間通りに行動していると、何かトラブルが1つでも起こった時に焦るから。

焦って、失敗して、遅刻してしまう……
なんて事態に陥るのは嫌ですよね?

 

でも大事な日ほど、トラブルが起きます。
バイトあるあるですね。

それを避けるためにも、早め早めに行動する。
そうすれば気持ちに余裕もできますよ。

 

アルバイト初日にやることは、

  1. 仕事を流れを掴む
  2. 仕事のやり方を覚える
  3. 上司(担当者)や同じ職場で働く仲間への挨拶

の3点です。

初日はこれだけできれば大成功。
次の日から、仕事に慣れるために頑張っていきましょう。

 

なお、バイトに慣れるまでは失敗はつきものだと思って、ミスして覚えるのが当たり前だと思っておいてください。

つまり、何かミスしたとしても、別に落ち込む必要はないということです。
むしろ、ミスすることで仕事のやり方を覚えたと、喜ぶくらいがちょうどいいです。

バイト初出勤の1日を頑張ったら、自分を褒めてあげて、ゆっくり休みましょう。
で、また翌日から頑張って仕事をしていくと。

 

なお、アルバイト初日の自己紹介が苦手な方のために、具体的なやり方をまとめておきました。

自己紹介が苦手だ、という方は参考にどうぞ。
→ 自己紹介で人見知りアピールするのはあり?バイト同期と仲良くなるための自己PR方法を解説

 

それと、人見知りだった頃、挨拶するのも苦手だったので。
それを解決するための記事も用意してあります。

同じ悩みを持っている方はぜひ見てみてください。
→ 人見知りで挨拶が苦手な人でも簡単にバイト先で挨拶できるようになる方法

Twitterでフォローしよう

こちらの記事もどうぞ