人見知りで会話に入れない悩み対処法

会話って難しいですよね。

特に、人見知りな性格で初対面が苦手な場合。
職場で同僚や先輩と何を話したらいいかのかわからないとか。

グループの会話に混ざれないといった悩みを抱えることになります。

 

それで、気まずい思いをしたり。
会話や雑談が苦手というだけで、職場で孤立してしまうこともあります。

僕自身、人と話すことが苦手で、受け身になっているときは、そんな状況でした。

仲の良い友人を作れず、黙々と働くことしかできない状況だったので、精神的に辛かったです。

 

総務省の調査によると。

コミュニケーションが苦手な人は、日本人全体の7割

という公的データがあります。

とんでもなく多い数に思えますが……
メールやSNS全盛の今の時代では、不自然ではないですよね。

 

ネットが便利だから、対面のコミュニケーションが少なくなるわけで。

人と顔を合わせる機会が減って、コミュニケーションが苦手な人が増えているんです。

 

そこで今回は、人見知りでも職場で楽しく話すための具体的な方法を記事にしました。

もし、あなたも会話の悩みを抱えているのなら参考にしてください。

これならできそうだ

と感じたものがあれば、ぜひ使ってみてくださいね。

人見知りでも職場で会話できるようになる簡単な方法

職場で会話できる簡単な方法

職場で会話するために取れる方法は色々とありますが。
いきなり難しいことを言われてもできないですよね。

だからまずは、一番簡単な方法からご紹介していきます。

いわば難易度Very Easyなやり方。

 

それは、挨拶です。
よく言われることですが、まずは基本中の基本である「挨拶」から押さえていってください。

なぜなら、この挨拶で人と話すキッカケを作れるから。

 

今までまったく喋ったことのない人に、いきなり話し掛けるのって、難しいんですよね。
人見知りにとっては。

でも、顔を合わせて挨拶するのだったら、簡単じゃないですか。

いや、挨拶も難しいと思うかもですが……
でも少し頑張れば、出来ないってことはないですよね?

 

それに、初対面の人に挨拶する、って自然なことです。
挨拶したら嫌われる、なんてことは絶対にない。

だからこそ、挨拶から始めることを推奨します。

具体的なやり方は、こちらに掲載しました↓

 

挨拶は別に、職場の全員にしなくても構いません。

この人と話してみたい、仲良くしたいと思う人にだけ「おはようございます」と挨拶するだけでOKです。

 

で、これができるようになったら。
次は、一言付け足してください。

テンプレートで言えば、相手の名前を頭に付けること。
「○○さん、おはようございます」

 

それと、天気の話題も鉄板です。

  • 「おはようございます。今日は晴れましたね」
  • 「おはようございます。今日は雨で出勤が大変でしたね」
  • 「おはようございます。最近暑くて大変ですね」

 

そうしたら、相手次第ですが――
向こうから話を広げてくれることがあります。

  • 「おはようございます。最近雨続きだったから晴れてよかったね」
  • 「おはよう。雨の日は大変だよね。○○さんって家は遠いの?」
  • 「おはよう。急に暑くなったよね。○○さんは今日は涼しそうな格好してるね」

そうしたら、少し仲良くなれますよね。

 

少しでも話した経験があれば、次から話し掛けやすくなるし。

相手もちょっと気にかけてくれるようになったり、親近感を持ってくれるようになります。

これが、次の会話のキッカケになるわけですね。

 

それから、無理にどんどん話を振る必要はない、ってことも覚えておいてください。

話すのが苦手なら、聞き役になることを目指すのがお勧めです。

 

たとえば、昼休みや休憩時間に話し掛けられたら。

ウンウン頷きながら、話を聞くことを心がけてみてください。
自分が2、相手が8くらいの割合で。

適度に相槌と共感をしていれば、話も盛り上がります。

 

特に、

  • 会話に入れない
  • 大人数が苦手
  • 人の輪があると避けてしまう

このような方にこそ、聞き役になることをおすすめします。

最初に会話のきっかけを作るために話し掛けて。
その後は基本うなずいているだけで済むから。

たったこれだけで、人と仲良くなることができます。

 

ただ、普段から会話のない職場だと、この方法は使いづらいかも。
そういうときのために、別記事を用意しておきました。

人見知りで会話に入れない悩みの原因と対策

会話に入れない

人見知りで会話できない。
その原因の大部分は、考えすぎなことです。

僕自身がそうだったんですが、絶対あれこれ考えるんですよね。

 

上記で説明した「挨拶から始めること」に関しても。
実際にやろうと思ったらネガティブな考えが浮かんできます。

  • 挨拶して返されなかったら嫌だな
  • 何か一言って、どんなことを言えばいいんだろう
  • もし実践したら、反感を買わないだろうか

あなたも、こんなふうに考えませんでしたか?

 

でも、この考え、全部ムダなんです。

…ってことを、僕は20年以上も人見知りをやって、ようやく気付きました。

 

相手の考え方なんてわかるわけないんです。
だって、人それぞれ価値観が全然違うから。

もしかしたら、そういう心配事が的中するかもしれないけれど。
9割は杞憂です。

 

僕が、そしてあなたが、誰かに話し掛けたとして。
それに対して、相手が色々と考えることはほぼないです。

話をしたことがないような人なら特に。
反射で挨拶を返すか、言葉が詰まるなどして咄嗟に言葉が出てこないかのどっちかです。

 

それに、たとえ会話で失敗しても、相手は半日で忘れると考えておけば間違いないです。

朝失敗したら、夜にはそういう失敗をしたことすら相手は忘れてます。
自分では一生覚えているような失敗をしたとしても。

なぜなら、人って基本的に、自分自身にしか興味がないから。

 

だから、喋りたいことを喋ればいいんです。

頭で考えず、衝動で喋っても大丈夫なくらい。
むしろ、それを推奨します。

 

それから、自分に自信がないってことも会話が苦手になる原因の1つになります。

わりとメジャーな原因なので、自分で気づいている方も多いはず。
あなたはどうでしょうか?

 

解決策としては、この人と話してみたいと思ったら、勇気を出して話してみることです。

別の方法で自信をつけて、自信がついたら人と会話することも大丈夫になる……
なんて迂遠な方法もあります。

でも、それは遠回り過ぎますね。

 

だから、会話したいと思ったら、その衝動に従って、話し掛けてください。
あれこれ余計なことを考えずに。

積極的に話しかけてみれば、相手から何かしらの反応が返ってきます。

 

それが好意的な反応なら自信が付くし。

否定的な反応だったとしても、何が悪かったのか考えて次に活かせます。
でも経験上、邪険にされることは少ないですね。

よほど変なことでも言わなければ大丈夫。

 

重要なことは、経験を積むことで、どんどん人見知りが治っていくということ。

人に話し掛けた分だけ、人が平気になっていきます。
会話のやり方も、自然とわかってくるようになる。

 

だから、人見知りで会話できないという問題を解決する一番の方法としては、とにかく人に話し掛ける、ということになります。

そのための一番簡単な方法は、この記事の冒頭で説明しました。
ぜひ参考にしてください。

 

逆に、苦手なことだからと避け続けていると――
いつまで経っても苦手なまま、変わりません。

それでは、人生で大きく損をしてしまいます。

なので、「人に話しかける」という苦手なことは今のうちに挑戦して、さっさと改善してしまうことをオススメしておきますね。

人見知りでも会話できるようになる話題作りの方法

人見知りでも会話できる話題作り

「挨拶に一言付け足す」という方法は鉄板。

話し掛けられたらうまく返したり、自分から話題を広げていくのも、仲良くなるための有効な方法です。

…でも、

どんなことを話せばいいんだろう?

話題が見つからない

なんて悩むこともあるかもしれません。

けど安心してください。
そういうときに使える簡単な方法があります。

その方法とは、今日を話題にすること。

 

今日の天気、気温。
それから、今日の日付や曜日、季節などを考えてみてください。

これが会話のきっかけになります。
コツを掴めば、話題がないなんて言えなくなりますよ。

 

  • 夏なら「暑いね」
  • 冬なら「寒いね」
  • 春なら暖かい
  • 秋なら涼しい

季節ネタはいつでも誰にでも使えます。

ほかにも、

  • 雨なら「憂鬱な気分になるよね」
  • 曇りなら「明日は晴れてほしいよね」
  • 金曜日なら「明日休みだね」
  • 月曜日なら「週初めはちょっと億劫になるよね」

なんとなくのイメージで話してみればOK。

 

それに加えて、月ごとにイベントがありますよね。

節分、バレンタイン、ひな祭りにゴールデンウィーク。
七夕にクリスマスに正月。

当日だけじゃなく、その少し前から話題にできます。

  • 今週末は何する?
  • 今度祝日だけど何か特別な予定はある?

みたいな質問も、1ヵ月のうちに何度もできますよね。

 

こういう些細なこと、大したことのないことから話し始めればいいんです。

ちょっと話せば、向こうから話を広げてくれるかもしれないし。
もう少し突っ込んで聞いてみたいなと思ったら、聞けばいい。

話すことがなくなったら、「そうなんだねー」で終わらせて、話題を途切れさせてもいいし。

 

で、また話し掛けたくなったら話せばいい。
それくらい気軽に考えれば、人見知りなんてあっという間に治りますよ。

まぁ、話の広げ方がわからなくて、会話が続かないとか難しいと悩むこともあるかもですが。

 

それも、聞き役に徹することで回避できます。

相手の話を聞いたり、話を広げるために頑張って質問してみれば。

どういう質問が答えやすいのか?盛り上がりやすいのか?
っていうことが、体感的にわかってきます。

 

大切なことは、何でもいいから話してみることです。

より具体的な話題作りの方法を、こちらにまとめたので、興味がある方はあわせてご覧ください。

 

でも、何を話していいかもわからないとか。
話し掛けてもらっても、どう反応したらいいかわからないとか。

それくらい極度の人見知りで、雑談がもの凄く苦手な場合。

 

この方法は、最初のうちは抵抗感を感じるものになると思いますが。

何度も繰り返しやってれば、だんだんと会話のコツも掴めてきます。
やがては会話も繋がるようになる。

今頑張れば、そんな未来を手に入れることができます。

 

でも、何も行動しなければ、会話が苦手な今のまま変わりません。

少なくとも、僕はこの方法でかなり人見知りが改善しました。
だから、あなたにもぜひ試してほしいと思います。

騙されたと思ってやってみてください。

 

頭で考えるのではなく、反射で話せるようになれば。
職場で会話に入れないなんて悩みは吹っ飛ぶし、色んな人と簡単に話せるようにもなります。

で、狙った人とすぐに仲良くなれる。

たくさん会話すれば。
つまり自分から積極的に話し掛けていけば、人との仲って簡単に深まりますからね。

人見知りで会話できない悩み対策方法まとめ

会話できない悩み対策

真面目な人はついつい考えすぎて、人と話すことが苦手になります。

相手の嫌われるのが怖いから、とか。
相手に否定的な反応をされたらどうしよう、と心配になるから。

でも、あなたの心配の9割は杞憂です。

 

だから、肩の力を抜いて、やりたいことをやってみましょう。

つまり、この人と話したいと思ったら、思い切って話し掛けてみる。
十中八九、それだけでうまくいきます。

 

でもやっぱり、いきなり話し掛けるのは怖いという場合は。
誰でもやってる「挨拶」から始めてください。

で、挨拶+一言で会話のキッカケを作る。

ここさえクリアすれば、あとは自然と人と仲良くなって、話せるようになっていきますよ。

 

何か嫌なことがあったら…

とか。

失敗したらどうしよう

なんて考えるかもしれません。

でも大丈夫、死ぬわけじゃないですからね。
せいぜい、ほんの一時、自分が嫌な気持ちになるくらいです。

 

でも逆に、好意的な反応を返してくれる可能性もありますよね?
冷静に考えてみると、そちらの可能性のほうがずっと大きいことに気付きます。

ほんの僅かなリスクを取れば――
仲良くなれた、という大きなリターンを得られるかもしれない。

だったら、やってみるしかないですよね?

 

もしあなたが今新しいバイトを探しているなら。

使い勝手の良いこちらのサイトを使ってください。

Twitterでフォローしよう

こちらの記事もどうぞ